引き寄せ日記

欲しいものは買えば良いだけなのではないか?

奥平亜美衣さんの『その思い込みを捨てた瞬間、何かが起こる! 「お金引き寄せ」の授業』という本を読み返しています。

それで、ちょっと気付いたことを書きます。

それは、記事のタイトルの通り、欲しいものは買えば良いだけなのではないか? ということです。

お金は実態がない

この本の最初の方に、銀行がどうやってお金を生み出すのか、その仕組みが書かれていました。

その詳しい話は書きませんが(本を読んでみてください)、誰かに900万円のお金を貸すとなると、その人の口座のお金が900万円プラスされるのだそうです。

不思議ですね、実際のお金の現物が移動するとかいうことではなく、口座の数値が変わるだけです。

家を買うのに銀行からお金を借りる時、銀行はお金をそのように「作る」のだそうです。

この仕組みを今日読み返していて、ふと「それなら、もし家が欲しいならお金を借りて買えば良いのだ」と思ったのです。

欲しいものがあったら買えばいい。

それで、このことは、家に限ったことではないな、と思いました。

今、欲しいものが色々あります。

買いたいのにいつも「お金がかかりすぎだ」というような声が聞こえてきます。

素敵な食器が欲しいと思っていたんです。「でも高いよ。」とか、すぐに私は思うわけです。

買えるだけのお金を持っているかというと、持っているのです。

そして、食器を買ったからと言って、よくよく考えれば、生活を圧迫するほどでもないです。

それなのに、「100円ショップでも買えるし。」とか「贅沢だ。」とか心の中から自動的に声が聞こえてなかなか買うところにたどり着けなかったのです。

そして、もっと安い、デザインもあまり素敵ではないものをわざわざ探して、どうにか自分を満足させようと説得してみたりしていました。

自分のお金への思い込みを変えたい

これは私の毎度の「お金に対する思い込み」でもあります。

食器に限ったことではないのです。

今まで、何を買うのにも、とにかく「お金!」でした。

「お金は自由に使ってはいけない」

「あまりお金をかけないことは偉い」

「節約するべきだ」

「欲しいものは買ってはいけない」

「欲しいものを欲しがるなんて強欲であってワガママ=悪いことである」

終わりに

とりあえず今日は、自分のお金への思い込みに気付きました。

奥平亜美衣さんの『その思い込みを捨てた瞬間、何かが起こる! 「お金引き寄せ」の授業』は不思議な本です。

引き寄せについてまだ理解できないけど、何か私は当たり前のように変な思い込みをしているようです。

お金があるから買うのではなく、買うからお金が発生するってことなんでしょうかね?

いくら貯金があったとしても、使わないで置いておけば、口座の数値だけがそのままだということなんでしょうか?

でも、貯金で買うのと借金して買うのとでは何か違うと思いますし、どういうことなんだろ?




他人を愛する前に自分を愛する。前のページ

お金は使っても減らない次のページ

関連記事

  1. 引き寄せ日記

    安い仕事に隠れたチャンスとは?

    たまに嘆かわしいほど安い仕事に出くわすことがあり、腹を立てたりしてしま…

  2. 引き寄せ日記

    エイブラハムの教えのこと

    エイブラハムの教えは、引き寄せの法則に興味を持っている人にはとても有名…

  3. 引き寄せ日記

    お金は使っても減らない

    「お金は使っても減らない」のだそうです。このことが、昨日急に「…

  4. 引き寄せ日記

    他人を愛する前に自分を愛する。

    他人を愛する前に自分を愛することに決めました。引き寄せに関する…

アーカイブ

  1. 引き寄せについて

    服部エリーさんの本から得た「お金」の引き寄せに関する学び
  2. 引き寄せ日記

    欲しいものは買えば良いだけなのではないか?
  3. 引き寄せについて

    お金のエネルギーは重い(服部エリーさんから得た気づき2)
  4. 引き寄せ日記

    エイブラハムの教えのこと
  5. 引き寄せについて

    引き寄せの法則とガラクタを捨てることとの関係。
PAGE TOP